GUITAR WOLF PRESENTS YAMATA NO OROCHI RISING
ジェットにしたい
君のハートを
SHIMANE JETT FES 2024 KOFUN NO OKA KOSOSHI PARK
10.12(土)SHIMANE FETT FES 古墳の丘古曽志公園
10.13(日)後夜祭 松江 Live House AXTiC canova

クラウドファンディング
開催中!

日程 : 7月1日(月)〜9月1日(日)

出演者

ARTISTS

CONTACT

お問い合わせ

Guitar Wolf

1987年の原宿にて結成された日本が世界に誇る ジェットロックンロールバンド。

1993年ファーストアルバム「WOLF ROCK」をメンフィスのインディーレーベルGONER RECORDSよりをリリース後、1995年セカンドアルバム「RUN WOLF RUN」を日本のLESSTHANTVよりリリース、1996年サードアルバム「ミサイルミー」で全米最大のインディーレーベル マタドール と契約する。1997 年に「狼惑星」で Ki/oon Records からのメジャーデビューをした後、現在まで13枚のアルバムをリリースしている。

1999年に出演したB級ジェットアクションムービー「WILD ZERO」が全世界で上映されると、カルト的人気が高まり、いまだにフォロワーが後をたたない。

彼らの活動は、北はスウェーデン、南はアルゼンチンまでと幅広く、まさにその活動は全世界的。2007年オリジナルメンバーのビリー急死後、UG、光と経て、そして新しく新ベースウルフとしてGOTZ(ゴッツが迎えられる。

2018年、Ki/oon Recordsを辞め、自主レーベルGUITAR WOLF RECORDを立ち上げる。13枚目のアルバムとして発表された「LOVE & JETT」は、アメリカでジャックホワイトのTHE THIRD MAN RECORDと契約を結ぶ。

結成30周年の時に始まったセイジの故郷である島根県の野外フェス「シマネジェットフェス・ ヤマタノオロチライジング 」の主催者であり、2022年で6年目を迎える。

20223/11のライブを最後に2代目ドラムウルフとしてドラムを担当していたトオルが脱退するが、新たなるスーパードラマーのタクロウを迎えてギターウルフは更なるスパークが始まろうとしている。

今年で結成38年。

www.guitarwolf.net

阿武誠二 PROFILESEIJI / GUITAR WOLF

日本が誇るジェット・ロックンロール・バンド、ギターウルフのリーダーでありギター/ヴォーカル。1963922日長崎生まれ、小学校の時、大阪、広島と転勤を繰り返し、小学校5年の時に島根に越してくる。どの場所にも愛着を持つが、宍道湖を臨む松江を深く愛し、出身地はと聞かれると島根県ときっぱり答える。白潟小学校・湖南中学校・松江南校卒。高校卒業と同時に上京。バイトとディスコ通いを繰り返すが、友人の誘いで、新宿にあったツバキハウスというディスコに行ったことでパンクロックに出会い、即座に新宿に引っ越す。その頃初めてのバンドを組む。ギターが弾けないので、ヴォーカリストとして参加する。その頃から作詞作曲を行い、日本語でロックするには、歌詞はコミックバンドにならざるを得ないのではと持論を持ち、面白い楽曲を多数書いている。と同時にデルタブルースにもはまりだす。二十歳過ぎに働いた原宿で、初代ベースのビリー、ドラムの成田と出会い1987年ギターウルフを結成する。しばらくの間、ノルマを払いながらライブをするが、ダディオノブ主催の「BACK FROM THE GRAVE」に出演したことが転機となり、着々とファンを増やす。

その後、1993年に初の渡米で、シアトルの北ベリングハムで行われた「ガレージショック」に出演をした時、そのショーを見た現オブリビアンスのエリックからラブコールを受け、メンフィスにてライブを行う。帰り際にエリックになにげなく渡したデモテープが、日本に帰った数ヶ月後にレコードとして送られてくる。それが記念すべきファーストアルバム【ウルフロック】として、メンフィスGONER RECORDSよりリリースされる。GONER RECORDSにとってもこのアルバムはGONER最初のリリースであり、GONER1である。以降、ギターウルフのアメリカでの本拠地はメンフィスとなり、彼らもアメリカの雑誌のインタビューで出身地を聞かれる時、たまに「メンフィス」と答える事もある。1996年アメリカのMATADOR RECORDSよりサード・アルバム「ミサイルミー」を全世界発売、1997年キューンより「狼惑星」でメジャー・デビュー。以後、国内のみならず、USEU各国、オーストラリアや南米大陸まで世界を股にかけて、ビールをがぶ飲みして精力的に活動中。

Ki/oon Records時代に社内外で発行していたメールマガジンに寄稿していたエッセイが評判を呼び「昭和UFO」という名で発売された。幼い頃からの事が克明に書かれており、彼の自伝とも呼べる内容になっている。

幼い頃からオートバイが好きで、彼が世界で一番かっこいいと自慢するカワサキZⅡ750RSに乗る。

また、UFO,宇宙,タイムマシーンや幽霊など世界の不思議な事が好きで、子供の頃は、人を驚かすお化け屋敷の設計者になろうと思っていた。

彼の曲には、それらに関する様々な事がよく出てくる。

最新作「LOVE&JETT」では、LOVEを知った時、人の細胞はJETとなり、究極のビッグバンを起こす!というキャッチコピーが付いたが、要するに、島根の小学校で経験した初恋の歌である。その他、中学校の時のあこがれの女の子の歌や、はたまた原始人アウストラロピテクスが出てきたり、パリのスケバンが出てきたりと、独特な感性を持つ彼の創作能力は、ますますジェットに沸騰し、新たな未知の空間を飛び続けている。

代表曲:火星ツイスト、惑星ブルース、オールナイトでぶっとばせ!!ジェットジェネレーション、環七フィーバー、ミサイルミー、カミナリワン、フジヤマアタック、新幹線ハイテンション、チラノザウルス四畳半、LOVE&JETT、島根スリム、放課後サンダー、恋のレイクタウン、カツミヤタバコシティ、宇宙人ガール、カワサキZⅡ750ロックンロール

D4

1997年にニュージーランドのオークランドで結成される。
70年代のニューヨークパンクの影響を強く受け「キウィ・ガレージ・パンク」と評される。2000年代に発表した数々の曲がスマッシュヒットをして世界中でブレイクした。2006年に解散。

そのD4が日本で復活します!シマネジェットフェスに出演する為に20年ぶりに戻ってきます。

彼らが世界で放ったスマッシング・ヒットの数々を憶えていますか?
MOTHERFUCKER、PARTY、LADIES MAN、COME ON!、GET LOOSE、SAKE BOMB、HIGH OCTANE、RED LINING

彼らのワイルドで激しいロックンロールショウを楽しみに待っていてください。

D4:JIMMY / DION / JAKE / BEAVER

Hot Machine

Hot Machine

今世界でもっとも熱いオーストラリア出身の炎の5人組ガールズロッカーが日本にやって来る!!
AC/DC、ランナウェイズ、ガールスクール、70年代のロックンロールが彼女たちによって雷鳴のようによみがえる。

2023年デビューシングル「She’s on the Money」で登場するやいなやオーストラリア中に激震を起こしいきなり数々のビッグバンドのサポートに抜擢されオーストラリアの大型フェスにひっぱりだこの彼女達であるが、今回、ギターウルフセイジがいち早くHOT Machineの存在に気がつき誰よりも早く日本に呼ぶことに成功しました。

Members:

Sammy O’Keefe – Lead Vocals
Sarsha Marsden – Rhythm Guitar
Jess Turner – Lead Guitar
Britt Britten – Bass
Jess Maio – Drums

Hot Machine, fiery 5 piece all-girl rockers from Melbourne burning up stages with their nostalgia-heavy classic rock sound. Inspired by the sounds of 70’s rock ‘n roll acts such as The Runaways, Girlschool, and AC/DC, their high energy live show transports audiences with tough guitars, a thunderous rhythm section and powerhouse choruses you’ll want to sing at the pub.

Hot Machine arrived on the scene in 2023, launching their debut single ‘She’s on the Money’ while rocking stages all over Victoria. The group have since supported some of Australia’s best, including Psychedelic Porn Crumpets, Kingswood, The Southern River Band, and Beans to name a few.

怒髪天

怒髪天

増子直純(VO)、上原子友康(GTR)、坂詰克彦(DR)
1984年、札幌にて結成。自らの音楽性をJAPANESE R&E(リズム&演歌)を称し、独自のロックンロール道を確立。昭和歌謡、演歌、ロック、ヘヴィーメタル、ハードコアパンクまで多岐に渡るバンドサウンド、ボーカル増子の歌詞とエモーショナルライブパフィーマンス、さらにその真逆をいく流暢なMCが混在するステージは圧巻。
2024年1月31日(水)にデジタルシングル「ザ・リローデッド」をリリース。バンド結成から40年。変わらず、「H.M.A.(ヘヴィ・メンタル・アティテュード)」をモットーに歩み続けます。

■オフィシャルサイトURL

http://dohatsuten.jp/

■SNS

Twitter

https://twitter.com/dohatsuten_crew

Instagram

https://www.instagram.com/dohatsuten1020/

Facebook

https://www.facebook.com/dohatsuten/

LINE

https://line.me/R/ti/p/%40dohatsuten

■YOUTUBE

https://www.youtube.com/@Dohatsuten

go!go!vanillas

go!go!vanillas

牧 達弥(vo/g)、柳沢 進太郎(g)、長谷川プリティ敬祐(ba)、ジェットセイヤ(dr)からなる4ピース・バンド。2013年に「人間讃歌 / アクロス ザ ユニバーシティ」でインディー・デビューを果たし、翌年にはメジャー移籍後の1stアルバム『Magic Number』をリリース。以降、作品を重ねるごとにジャンルに捉われない進化と飛躍を続け、「平成ペイン」、「アメイジングレース」ほか数々のアンセムを世に送り出してきた。ガレージ・ロックやハードコアから、スカやファンク、R&B etc.、ロックンロール・バンドの可能性を押し広げるgo!go!vanillasのクロスオーバー・サウンドの根底には、ルーツ音楽への揺るがないリスペクトと探求心があり、それが彼らのアイデンティティとなっている。また、コンスタントなツアーとパワフルなライブ・パフォーマンスによってファンベースを拡大。2023年から2024年にかけて開催されたの全国ツアー「DREAMS TOUR 2023-2024」では、過去最大の規模となる会場、幕張メッセ 国際展示場 9~11ホールでの2DAYS公演を成功させた。2024年1月にポニーキャニオン内レーベルIRORI Recordsへ移籍。移籍後第一弾シングルとなる「SHAKE」では、バンドにとって初の海外レコーディングを敢行。ロンドンの名門レコーディング・スタジオで制作された同曲で、さらなる新境地を切り拓いている。

芸人永野

芸人永野

出身地 宮崎県
生年月日 1974年9月2日
血液型 AB型
サイズ 身長 167cm 体重 65kg B 86cm W 82cm H 94cm 足のサイズ 26cm
趣味 温泉巡り、マッサージチェア巡り
特技 洋楽・洋画の歴史を語れる

【主な出演番組】
テレビ
<出演>
・フジテレビ『全力!脱力タイムズ』『さんまのお笑い向上委員会』 『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』『千鳥のクセスゴ!』etc
・テレビ朝日『アメトーーク!』『ロンドンハーツ』『令和ロマンの娯楽がたり』『ダウ通信』『くりぃむナンタラ』etc
・日本テレビ『行列のできる相談所』『踊るさんま御殿』『あののグレープフルーツあげない!!』『ダマされた大賞』etc ・TBS『ソウドリ』『水曜日のダウンタウン』etc
・テレビ東京『昼めし旅』『ぴったり にちようチャップリン』etc
・ABEMA『チャンスの時間』etc
・関西テレビ『マルコポロリ!』etc
・MONDOTV『戦慄トークショー 永野が震える夜』※レギュラー
ラジオ
<レギュラー>
・ Artistspoken『永野の目には見えない美術館』
・ラジオ日本 『60TRY部』※番組内のコーナー「永野の映画はえ〜がな!」に出演中
・InterFm 『永野とミッキーのLIVE BuZZ』

忍原地頭所神楽団

忍原地頭所神楽団

代表者名: 小笠原 昇
忍原神楽団は大田市川合町にて300年前に発祥し たと伝えられています。
現在の神楽団は戦後に活動を初め広く各地の祭りや催しに出演し地域の文化芸 能の発展に寄与して参りました。
邑智郡美郷町の地頭所神楽団は江戸時代後期、大朝方面の地域より神楽を習い受け地域に根付いた活動をしておりましたが、昭和40年頃に途絶えてしまいました。平成20年に地域活性化の為に当時の団員や地元青年団を中心に再結成しました。両団は縁あって合同で公演をしたことをきっかけに、忍原地にて活動を共にし始め平成28年夏に名称を忍原地頭所神楽団と表示することにして、広く愛される神楽団を目指して頑張っております。

KING BROTHERS

KING BROTHERS

KING BROTHERS / キングブラザーズ

1998年に日本に先がけアメリカのインディーレーベルからデビューし今年26周年となる兵庫県西宮市を拠点に世界中で活躍する3ピースのベースレスバンド、ドラムもろとも客席へと乱入し演奏する独自のスタイルや、客の頭上へと飛び込み行われる過激なマイクパフォーマンスなど、観る者を圧倒し巻き込んでゆく最強のロックンロールバンドである

THE NEATBEATS

THE NEATBEATS

世界を股にかけるにはスリーコードバンド!
マージービートの真髄をいまに伝える極東のビート貴公子。
時空を超えた真空パックのエイトビートと圧巻のビンテージ・モノラルサウンドでSHAKE! TWIST! GRAVY!

1997年 大阪の淀川(日本のマージ-河!?)付近にて、初期ビートルズやサーチャーズ、ビッグ・スリー等のいわゆるリバプール、マージービート・サウンドを直球ルーツとする”THE NEATBEATS”が結成される。

Three cords run to the world !
Beat prince in the Far East that leads the essence of Mersey Beat.
A vacuum-packed eight beat that transcends space and time and a vintage monaural sound!
SHAKE! TWIST! GRAVY!

In 1997, “THE NEAT BEATS” was formed near the Yodogawa (Merge-Kawa!? in Japan) in Osaka, with the roots of so-called Liverpool and Merseybeat sounds such as early Beatles, Searchers, and Big Three.

ザ50回転ズ

ザ50回転ズ

2004年 大阪ロックンロール少年院にて結成された奇跡の3人組。メンバーは“徳島の酔いどれ”ダニー(G.Vo)/“出雲の妖怪”ドリー(B.Vo) /“浪速のドラ息子”ボギー(D.Vo)。

2006年 アルバム「50回転ズのギャー!!」にてデビュー。
RAMONESを敬愛しロックンロール、パンク、サーフ、ガレージなどのバンドから多大なる影響をうけ高速8ビートで活躍中。
アメリカツアー、オーストラリアツアーなどの経験もあり、2007年にはカナダのラジオチャートで1位を獲得。SXSW、ドイツASIA PACIFIC WEEKS2009に招聘されるなど海外からの評価も高い。国内ではAKB48、郷ひろみ、ムッシュかまやつ、和田アキコなどのアーティストとコラボ出演し番組を賑わせるなど、幅広く活動。G.Voのダニーは井口昇監督映画「ゾンビアス(2011)」、Mike Rogers監督映画「ゴーストロード(2017)」に役者として出演。

2014年 バンド結成10周年をむかえ、自主レーベル「Magic Box」を設立。

2016年 デビュー10周年記念に1stアルバムをリマスター、リリースツアーをニューヨークからスタートする。以降も中国でライブを行うなど国内外問わず活動中。

2018年 4枚目のフルアルバム「ザ50回転ズ」リリース。

2019年9月より結成15周年を記念して全国13箇所をめぐるワンマンツアー「MAIDO OHKINI! ~ロックに恋して15周年~」開催。

 

2020年 上記ツアー渋谷クアトロ公演をライブDVD化、「ザ50回転ズ MAIDO OHKINI! 15周年!!」として販売開始。
8月よりコロナ禍で初のアコースティックツアー開催。アコースティックセルフカバーCD「Magical Acoustic Sessions」発売。

2021年 9月より全国ワンマンツアー「ROCK ‘N’ ROLL POSTMAN TOUR」開催。ドイツ盤「ザ50回転ズ」をSunds Of Subterraniaより発売。

2022年 全国27箇所の大規模ワンマンツアー「LIVE IS ALIVE !Tour」開催。キャリア初のライブ盤CDを会場で販売中。ドイツ盤「50回転ズのビックリ!!」をSunds Of Subterraniaより発売。

2023年 初のヨーロッパツアー開催。全国21箇所のワンマンツアー「50回転ズのNEW WORLD TOUR!2023」開催

2024年 5月より2度目のヨーロッパツアー開催予定。

THE NUGGETS

THE NUGGETS

千葉県船橋市発の4人組ロックバンド。
2008年結成で、今年2024年には結成16年を迎える。 メンバー全員が5歳からの幼なじみで、船橋生まれ、船橋育ち。
趣向を凝らしたステージは「ライブ」ではなく「ショー」と評され、全世代が楽しめるエンターテイメントショーを披露している。 2015年にMini Album「here come THE NUGGETS」で全国CDデビュー、 2016年に1st Full Album「YOUNG」をリリース、2017 年に2nd Full Album「NIGHT RUSH」をリリース、 2021年に2nd Mini Album「Enough.」をリリース、2023年に3rd Full Album「ODD」をリリース。 日本全国での演奏のみならず、2019年には全5公演のアメリカでのショーを敢行。
2020年には全7カ国9会場での世界ツアーを敢行。 現在もエンターテイメント溢れるステージで全国のライブハウスやイベント会場で精力的に活動中。

The Tiger

The Tiger

名古屋で2016年に結成。
その後ヤマハ主催のコンテストなどで優勝する。2020年に上京。
ハートフルな女性ボーカルにルーツをいい感じに混ぜ込んだバンドサウンド。誰のようでもない自分達だけの音を信じて、お客さんよりも楽しんで演奏するバンド、the Tiger

YAPOOL

YAPOOL

2021 年11月始動。 東京を拠点に活動するロックンロールバンド。 メンバーは石川蓮(Vo)、 水 野 公 翔(G)、久留島風太(B)、オオサカユウヤ(Ds)の4人。 ガレージ、パンク、ロックンロールをこよなく愛するが、メロディアスかつキャッチーな楽 曲作りを大切にしている。派手でクールなライヴには定評があり、動員を着実に増やしつつ ある。 2022 年には渋谷La.mamaでワンマンライヴを決行。 尊敬すべき大先輩たち、THE GROOVERS、STANCE PUNKS、BUGY CRAXONE、Radio Caroline らとのツーマンライヴを成功させている。 2024 年も大暴れする予定。

GASOLINE

GASOLINE

ある意味、命を懸けた異常なライヴ・パフォーマンスで、ライヴを目撃してしまった観客全員を巻き込む、狂気のガレージ・ロックンロールバンド、日本のデトロイト三重県四日市の狂牛GASOLINE。パンクロック、ガレージ、ロックンロール、ポップス、ソウル、ブルースの狂気性、そして「酒」(テキーラ、ウォッカ)を全て飲み込み、エンターテイメントとカオスを同じ空間に産み落とす、ロックンロールの理想。

日本のデトロイト三重県四日市市で結成。三度のアメリカツアーと数えきれないほどのライヴと数えきれないほどのビールを飲酒しております!いまだに若手感覚が抜けてない結成28年目。数年前フジロックのルーキーアゴーゴーの書類審査で落とされました!キャッチコピーは「ボケたり突っ込んだり出来る日本のMC5」

よしとの紙芝居

よしとの紙芝居

こんにちは!「よしと」です!好きな食べ物は唐揚げ白飯。特技は物忘れと感謝。

ボコボコだけどそんなありのままの自分をたくさんの人達に助けて頂きながら、ひたすら「楽しい!!」をテーマに様々な形で作品を創り表現をしています。

これまでに10冊の絵本を出版。Benesse(こどもちゃれんじ)ほっぷやIKEA港北店などにも紙芝居制作提供。

北は北海道から南は屋久島、西はカンボジアまでいろいろな所で紙芝居をしています!

島根県松江市在住。3人の子どものお父ちゃん。

Hello! “Yoshito”! My favorite food is fried fried rice. Special skill is forgetfulness and thanks.

I create and express works in various forms with the theme of “fun”!!

From Hokkaido in the north to Yakushima in the south and Cambodia in the west, we have picture-story shows in various places!

Lives in Matsue City, Shimane Prefecture. Dad with three children.

ジロー今村

ジロー今村

生年月日: 1977/04/09
出身地 : 札幌
好き:ハッピーターン
目標 : local からglobal


「楽しい時間と愉しい空気を創るのが仕事」
どんな場所でもどんな瞬間でも誰にでもハピネスを振り撒きます。
そのためには手段は選ばず、 自らの肉体パフォーマンス 「魂の肉体表現」でジロー今村の世界へ誘います!! 愛~夢~魂 語るより感じろ!

経歴 職業
大学卒業後、 日本マイム研究所入所、 国内での公演とフランスでの公演を経験。 2003年 に全国47都道府県にてパフォーマンス行脚。 2005年にNYタイムズスクエアにてゲリラ パフォーマンスとPV制作。 2009年ウズベキスタン修行。 池谷幸雄体操倶楽部にて更な ある肉体改造し、原宿WEGOの専属パフォーマーとして活躍。 現在は、観光大使を務める 島根県松江市と東京を拠点に全国各地で活動を展開している。


スキル・能力
魂の肉体表現者として、 ストリートパ フォーマンス以外にも、 これまでの唯 一無二の生き方をライブで感じてもら うキャリア教育講演会もご提案をさせ ていただいております。

● 魂の肉体表現
●アクロバット
●パントマイム
● ジャグリング

門脇大樹

門脇大樹

1983年10月21日生まれ A型
島根県松江市出身
山陰を中心に『みんなの笑顔』をテーマに音楽活動をしています。
18歳の時に家にあった父親のギターを触ることから音楽を始め、バンド、ユニットを経て2012年にソロ活動開始。
地元だけではなく全国的にも活動の幅を広げていて、全国規模のフェスなどにも出演経験あり。
地元のテレビ局の番組のエンディングや地元企業のCM曲、ラジオ局でのオンエア、各アーティストへの曲提供などの実績を持つ。
最近ではタレントや司会業など、マルチに活動中です。
2018年6月 株式会社ALL SMILESに所属。
2022年はソロ活動10周年の挑戦として6月に境港で初のホールワンマンライブ、10月に松江の由志園で誕生日ワンマンライブを開催し、自身初の年に2回のワンマンライブを成功させる。
2023年2月26日に活動10年のすべてを込めた待望のNew minialbum「Thank you」をリリース。

世界のジョー次

世界のジョー次

2003年にディアボロ(中国独楽)と出会い 2011年からプロパフォーマーとして 活動を始める。2015年にディアボロのアジアカップで準優勝、2016年には全日本大会で優勝し、ハイレベルなディアボロの技とキレのある身のこなしを武器に 全国各地でパフォーマンス活動を行っているジャグリングパフォーマー。

活動歴

ディアボロ(中国ゴマ)大会

全日本ディアボロ選手権大会 2016 ディアボロ水平軸ベアリング部門優勝 台湾アジアカップ 2015 ディアボロ ベアリングアクセル部門準優勝 静岡ディアボロコンテスト 2015、2017 エンターテインメント部門 優勝

出演歴、取得ライセンス キャナルシティ博多キャナル!エンタメ福袋 2020年 出演 ウェッジ出版「ひととき」2019年4月号 掲載Yahoo!ニュースにも掲載大道芸ワールドカップ in 静岡 2017、2018年フリンジ部門 出演

東京都公認 ヘブンアーティスト審査会2016年合格ライセンス取得

第12回 江ノ島大道芸コンテスト2016年審査員特別賞 受賞 ライセンス取得 Taiwan Magic Association2016年 台湾オープニングガラショーゲスト出演 Ferrara Buskers Festival2016年 イタリア出演

パピコ・グランデ

パピコ・グランデ

日本ではとても珍しい、 西洋竹馬のビッグなパフォーマンス。
どこからでも見つけられるその姿は、なんと2.5メートル!
ネオンカラーに身を包んだ彼女が会場に現れると、
いつもの見慣れた風景も、 パーティープレイスへ早変わり!

レッツダンス! レッツミュージック!
パピコ・グランデのハイテンションな登場に、誰もがびっくり! 大人も子供も目をまんまるにして驚くこと間違いなし!

世界三大サーカス 木下サーカスにて11年以上の経験を 積んだ彼女が、 お客様に驚きと笑顔をお届け致します。

●練り歩き、 広告塔にピッタリ!
お客さんとコミュニケーションをとりながら会場を回ります イベントの動線を促したり、 催事の広告塔として大活躍します
●記念撮影
行き交うお客様との思い出作りにぴったりの記念撮影。
背景に看板を映り込ませるなど、 写真を通してクライアント様の
PRにお役立てさせていただきます
印刷物、 イベントグッズなどの配布
なかなかはけきらない配布物にお悩みの方は、ぜひお任せください パフォーマーが配布することにより大勢の方が受け取ってくれた、 という過去イベントの実績多数!

《経歴・出演歴》
・木下サーカス
「空中青竹渡り」 「肩芸羽根出し」 などの日本古典芸能 11年巡業實施中!
・大道芸ワールドカップ IN 静岡
・シアタークラウンフェスティバル
・CANNON 上海 EXPO 2016 (上海)
・ウォンジュダイナミックフェスティバル (韓国)
・モーニング娘。 ファンクラブツアー 2017
・けやき坂46 武道館コンサート
・カウントダウン TV ゆず 『うたエール』
他、商業施設、 幼稚園保育園、学校、 お祭りなどで活躍中。

まちゃまちゃ

まちゃまちゃ

牡牛座・B型
千葉県出身
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属
1996年2月15日 銀座7丁目劇場で初舞台
1999年 TBS『極すれすれガレッジセール』にて『ウルフ神崎』として出演
2005年 日本テレビ系列『エンタの神様』にて『摩邪』として出演
2016年2月15日 芸歴20年を記念して『まちゃまちゃ二十才祭』を新宿LOFTで開催。ギターウルフも出演。
同期、相方もおらず生粋の女ピン芸人。
ロックンロールとお酒
笑いをこよなく愛してます。

Taurus type B
From chiba prefecture
Yoshimoto Creative Agency
She is a female entertainer.
Rock and roll and sake
I love laughing.